米国州立大学の奨学金プログラム

在学中にIELTS/TOEFLのエントリースコアが取得できなかった場合


・大学の定めるエントリースコアに達するまで、米国州立大学への編入は不可


・スコア達成が困難な場合、事前にHELPの通常プログラム(ESL/IELTS/TOEFL)の受講が必要


※コンコーディア・パスウェイプログラムの入学資格自体は「IELTS 4.0」以上


※希望大学のエントリースコアの1.0圏内に入るまでは、HELPプログラムで準備をした方が無難


※スコア達成の目安:12週のTOEFL/IELTSコース受講の場合


(TOEFL)40 > 61 | 50 > 70 | 65 > 80 | 77 > 90 | 88 > 100


(IELTS)4.0 > 5.5 | 5.0 > 6.0 | 6.0 > 6.5 | 65 > 7.0


米国州立大学プログラムをキャンセルし、コンコーディア大学にそのまま4年間通えるか?


・不可


コンコーディア大学の入学後、いつの段階でどのアメリカの大学にいくかを決定しないといけないか?

・プログラム開始時に志望校を決めておくことを勧める
※志望大学の受け入れ確認を行う必要があるため


※入学時に決めきれない場合、入学後できるだけ早い段階で確定をさせる必要がある


HELPパスウェイの願書の受付期間?入金などの流れなども


・HELPの通常受け入れと同様(申し込みは随時、送金は研修開始の2週間前まで)

奨学金はアメリカの大学在学中はずっともらえるものなのか?


・プログラムの保証する奨学金のプログラムは1年間(2年編入時時のみ)


※3年・4年時の奨学金に関しては、進級および卒業に対して十分な単位が取得できていること、
 学内での成績・就学態度などで総合的に判断される。(大学・学部により、判断基準が異なる)


分割払いは可能か?(コンコーディア過程の研修費用)


・可能(二分割OK)


※初回の支払いは、入学前に済ませる必要あり


※次回はプログラムが半分進んだ時点の入金でOK


コンコーディア大学の在学中、長期休暇はあるか?その際日本に帰国は可能か?


・無し


アメリカの大学の費用はセメスターごとの支払いが可能なのか?


・可能(基本的にはセメスターごとの支払い)

https://help-jp.com/wp-content/uploads/2016/08/Pathway_Concordia-MOU_Eng_Shoji_20161208.pdf

https://help-jp.com/wp-content/uploads/2016/12/Pathway_State-Uni_Merge_Jp_Shoji_20161216.pdf