よくある質問(その他)

よくある質問 TOP入学編学習編生活編卒業編|その他

+

フィリピン人にとっての母国語は、タガログ語(フィリピン語)と地域語です。日本人と同様、フィリピン人にとっても英語は第二言語のため、講師の話す英語には少なからず母国語の影響があります。例えば、タガログ語には「th」の発音がありません。講師はトレーニングを行っていますので発音はできますが、苦手な音であることに変わりはありません。おそらく、感度の良い学生は微妙な違和感を覚えると思います。他にも「s」「r」等、俗にいう「訛り」があります。(講師たちは苦手を補うために日頃からトレーニングを受けています。その恩恵もあり、日本人を始め、アジア人が苦手とする音の矯正指導には強みを持っています)発音だけではなく、抑揚にもフィリピン人特有の訛りはあります。(日本人の場合、母国語の抑揚は非常に小さいため、英語でもそれにつられて抑揚の小さなものになってしまいます)

発音・抑揚の他、語彙の広さ(特に表現等)も大きく異なります。持って生まれた能力ではなく、学んで得た能力のため、どうしてもネイティブスピーカーと比較するとフィリピン人の話す英語に限りはあります。但し、これは日本人が英語を学ぶ上でのメリットでもあります。使用する言葉が「良い意味で限定」されるため、日本人学習者が優先的に学ばなければいけないポイントを抑えることができます。(最初からネイティブスピーカーの場合、使用する語彙が広すぎるため、会話が詰まりがちになってしまいます)ネイティブになりたい人は別ですが、英語のうまいアジア人を目指すのであれば、英語習得の初期段階でフィリピン人講師から学ぶことは一つの有効な方法です。

+

詳細は「フィリピンの国民性」をご参照ください。

+

英語力と試験力は異なります。英語のベースアップに伴って、TOEICの試験対策をしなくてもスコアが伸びる学生はいますが、ごく一部です。TOEICスコアが目標であれば、TOEICコースを受講してください。稀に、一般英会話とTOEIC対策を並行して学ぶことを希望する学生がいますが、それぞれの観点から「期間を区切って一つずつ特化して学ぶ」方が、効率よく身につきます。尚、現在600点に満たない場合、4週のTOEIC受講で100点アップが期待できます。

+

英会話に関しては一概に言えませんが、テストのスコアに関しては以下を目安にしてください。
(TOEIC)4週のコース受講で、600点未満の場合は50-100点アップ
(TOEFL)12週のコース受講で、10-20のスコアアップ ※TOEFL ibt
(IELTS)12週のコース受講で、0.5-1.0のスコアアップ

+

一般の学校とスパルタ校の大きな違いは、校則の多さや厳しさです。スパルタ校では校則で制限をかけて管理をします。深夜徘徊・門限違反などの安全に関する規則違反、無断欠席・他学生への迷惑行為などの学業上の問題行動に対しては罰則があります。放任をされたいタイプには不向きですが、風紀の保たれた環境で学びたい方にはおすすめです。

+

日本と同じ生活水準ではありません。この数年で目覚ましい発展をしていますが、まだまだ発展途上国であることには変わりありません。設備投資を熱心に行っている学校を除いて、綺麗な宣伝写真とは裏腹に現物は大きく劣ることがあります。(目に見えない部分である、シャワーの水圧やインターネット環境も、日本には及びません)

+

スクールメイトと遊びに出かける人、近隣のカフェでゆっくり過ごす人、土日も学習をする人、学生の週末の過ごし方は様々です。ヘルプ英語学校のあるクラーク地域・バギオ地域は、治安がよく、経済発展をしている地域のため、レストラン・カフェ・観光スポットに恵まれています。オンオフのメリハリをつけて学ぶには最適な環境です。

+

出ます。基本的には日本と同じです。(虫が問題になるケースのほとんどは、学校では禁止している部屋での飲食など、学生の食品管理の甘さから起こっています)なお、アメリカ・カナダ・オーストラリア等の留学地でも虫はいます。

+

詳細は「バギオ地域について」をご参照ください。

+

詳細は「クラーク地域について」をご参照ください。