開講コース

  • ESL-4 コース
  • ESL-5 コース
  • ESL-6 コース
  • ESL-8 コース
  • TOEIC コース
  • TOEFL コース
  • IELTS コース

テストコースの受講資格

ロンロン校のテストコース(TOEIC/TOEFL/IELTSコース)受講には、以下のいずれかの条件を満たす必要があります。(エントリースコアの詳細は、次項をご参照ください)

  • エントリースコアの提出: ※公式スコアのみ
  • 入学初日のプレイスメントテストにてエントリースコア以上を獲得
  • 学校内の模擬試験でエントリースコア以上を獲得 ※転校の場合

エントリースコア

TOEIC:350 TOEFL:30 IELTS:2.5

※入学初日のプレイスメントテストの結果がエントリースコアを下回った場合、お申し込みのコースは「ESL-5」に自動的に振り替えられます。隔週の模擬試験でエントリースコアを満たすまでは、ESL-5を受講する必要があります。

ロンロン校・テスト対策コースの詳細はこちらのリンクをご参照ください。

コース時間割

コース名 マンツーマン 1:4グループ 早朝グループ オプション 合計
ESL-4 4コマ 1コマ 0.5コマ 1コマ 6.5コマ
ESL-5 5コマ 1コマ 0.5コマ 1コマ 7.5コマ
ESL-6 6コマ 1コマ 0.5コマ 1コマ 8.5コマ
ESL-8 8コマ 1コマ 9コマ
TOEIC 4コマ 1コマ 0.5コマ 1コマ 6.5コマ
TOEFL 4コマ 1コマ 0.5コマ 1コマ 6.5コマ
IELTS 4コマ 1コマ 0.5コマ 1コマ 6.5コマ

模擬試験スケジュール ※テスト対策コース
ロンロン校:隔週金曜夜(プログラム1・3週目)

ESLコースの詳細

ELSコース、定番の一般英会話コースです。ヘルプではマンツーマン授業数のコマ数に応じて「ESL-4」「ESL-5」「ESL-6」「ESL-8」の4コースを開講しています。(コース名の数字はマンツーマン授業のコマ数を表しています)マンツーマン授業は「読み(リーディング)」「聞く(リスニング)」「書き(ライティング)」「話す(スピーキング)」のいずれかの教科に割り振られます。ヘルプではバランスよくこの4技能を学ぶことを推奨していますが、お客様のリクエストに合わせて強化科目・弱点科目に合わせた授業展開を作ることも可能です。

 

TOEICコースの詳細

4時間のマンツーマン授業は「パート1・2」「パート3・4」「パート5・6」「パート7」に分けて授業を行います。基本的には演習型の講義です。学生の間違えた問題、理解が浅い問題に対して解説を中心に授業が展開されます。授業では、テスト攻略に必要な「語彙教科」「頻出フレーズ」「解法のテクニック」「時間配分」を中心に学びます。学習の量と質より、スコアアップへのアプローチを行います。毎週末に実施される模擬試験で、定期的に成長を確かめることが可能です。マーティンス校・ロンロン校の場合、バギオ市内で公式試験の受験が可能です。クラーク校の場合、近隣の学校で公式試験を受けることができます。

 

TOEFLコースの詳細

入学翌日にレベルテストを行い、結果によって現在のレベルに割り振られます。使用教材やグループ授業のクラスメイトはレベルごとに管理がされます。マンツーマン授業の4コマは「読み(リーディング)」「聞く(リスニング)」「書き(ライティング)」「話す(スピーキング)」の教科1コマずつに割り振られます。自身の弱点が明確になっている場合など、苦手科目2コマを集中して受講することも可能です。スピーキング科目では、試験問題を授業で練習し、間違いに対して解説が行われるスタイルです。ライティング科目では、毎回宿題で小論文があり、その英文に対して添削を行う形で授業が進みます。リーディング・リスニング科目では、演習問題に対する解説と解法のテクニックを学習します。

 

IELTSコースの詳細

入学翌日にレベルテストを行い、結果によって現在のレベルに割り振られます。使用教材やグループ授業のクラスメイトはレベルごとに管理がされます。マンツーマン授業の4コマは「書き(ライティング)」「話す(スピーキング)」に2コマずつ割り振られます。グループクラスでは、リスニングとリーディングを二週間ごとに進めます。授業の中で演習を解き、解説を繰り返します。毎週金曜夜にIELTSの模擬試験を受けます。午前中の授業中にスピーキングの試験を行い、残りの教科は夜間に行います。

 

授業風景