入学試験の概要

HELPマーティンス校に限り、入学に際して英語面接試験を実施しています。試験通過者のみ、当キャンパスへの入学が認められます。試験はスカイプよる音声通話で実施されます。試験はHELPマーティンス校に在籍するフィリピン人講師により実施されます。試験は時間は約10分間、講師との質疑応答形式です。

試験内容

試験はキャンパスに在籍する日本人スタッフが仲介役として入ります。試験の冒頭、日本語で試験内容・注意事項を説明します。(約3分)試験に関してご不明な点がございましたら、この時に現地スタッフへお尋ねください。フィリピン人講師による試験後、再度日本人スタッフが応答します。留学やキャンパスに関する質問は、試験後にお願いします。 ※IELTSコース希望者は、受講コースのモジュールの共有をお願いします。

フィリピン人講師の面接では、簡単な自己紹介の後、3〜4の質問がされます。(例.学校、仕事、休日、家族、趣味について等)英会話によくある内容だけではなく、少し複雑な内容も織り交ぜて出題がされます。
※試験官は以下の項目をチェックしています。

  • 流暢さ(Fluency)
  • 語彙力(Lexical Resources)
  • 文法力(Grammar)
  • 発音(Pronunciation)
  • 内容・一貫性(Detail)
  • 論理(Structure)

合格基準

各項目の総計で72%以上の得点者が合格です。
試験結果は代理店を通して、営業日3日以内にご連絡致します。※合否のみ

受験に際して

  • 試験の申込みは留学代理店へお願いします。
    試験は平日10:00-18:00の時間帯で実施します。※13:00-14:00を除く
  • スカイプのインストール及びIDの共有をお願いします。
  • 試験冒頭に簡単な英語での自己紹介があります。(約1分)
  • 質問が聞き取れない場合または質問の意図が汲み取れない場合、うやむやに進めず、必ず聞き返してください。
  • 原則は音声通話です。※フィリピン側のネット状況が良い場合に限り、ビデオ通話でも対応可能

備考・注意事項

  • 原則、受験は一人につき一回です。
    入学までに合格の見込みが高い場合は、再試験を案内することもあります。
  • 試験中の音声が悪い場合は、試験後に日本人スタッフにお申し出ください。
  • カンニングペーパーを読み上げることは禁止です。(試験前に暗記してください)
  • 替え玉受験及びそれに順ずる不正とみなされる場合は不合格とします。

【補足】入学試験で出題される質問集
【補足】スカイプ試験結果の統計

他キャンパス(ロンロン校・クラーク校)からマーティンス校に転校する場合、現地で転校試験を実施します。
四技能を確認するテストです。詳細はキャンパスでお問い合わせください。

受験者の声

【試験で出題された内容】
※これが全てではありません。参考までにとどめて下さい。

  • 現在住んでいる町の紹介
  • 現在何をしているか
  • 何故HELPを選んだ理由
  • 自己紹介(なんでも)
  • 行ったことのある国・行ってみたい国について
  • 留学を決めた動機
  • 現在の仕事
  • 休日の過ごし方
  • 旅行
  • 将来のビジョン

【受験に際して、準備したこと】

  • 長文を言えるように意識した
  • 流暢に答えられるよう心がけた
  • 多くの言葉を使うようにした
  • 一つ一つの単語の発音に気をつけた
  • 文法を意識して話した
  • 繋ぎ言葉、質問の仕方などを事前にチェックした