HELPロンロン校

HELPロンロン校 – 留学ブログ vol.10

ロンロン校ですが、ESLコースとテストコースの2つのコースを設けています。入学時にESLコースだったとしても、ロンロン校で行われる模擬試験で一定のスコア以上を取得できればテストコースへの変更も可能です。

HELPロンロン校

HELPロンロン校 – 留学ブログ vol.9

ロンロン校の学生は授業のみならず、空き時間も自主的に英語を使ってコミュニケーションを取っています。そんな中、毎週木曜の夜は生徒が計画したDebateの時間が設けられています。HELPの学生はもちろん、コンコーディアの学生(今回はフィリピン人、日本人)も参加しています。

最新記事

結局のところ、自分に合った学校が一番

一般的に「スパルタ校=しっかり勉強できる学校、学習成果が出やすい」と認識されていますが、これには語弊があると感じています。スパルタ校に真面目な学生(学習面に重きを置く学生)が集まることは事実ですが、真面目に学びたい人にとってスパルタ校が必ずしもベストがどうかは別の話です。今回の記事では、スパルタとは何か、どのように学校選びを考えたらよいかをまとめたいと思います。

HELPロンロン校

HELPロンロン校 – 留学ブログ vol.8

ロンロン校で学ぶ学生の1日はVocabulary testで終わります。現在、日本人学生に至ってはESLコースとテストコースでテスト方法が異なります。近い将来、ESLコースの学生もテストコースと同じ方式で施行される予定ため、今回はテストコースのVocabulary testについてまとめました。

HELPマーティンス校

HELPマーティンス校 – 留学ブログ vol.5

マーティンス校では、朝にMRC(=モーニングリーディングクラス)というグループ授業があります。このクラスでは、毎日英文スクリプトが配布され、音声を聞きブランク部分のディクテーションを行います。そして授業内に教師と答え合わせ、難易度の高いボキャブラリーの解説、発音やblending, liaisonの確認、そして最後にシャドーイングの練習を行います。