HELPロンロン校 – 留学ブログ vol.9

こんにちは、HELPロンロン校のMillyです。

ロンロン校の学生は授業のみならず、空き時間も自主的に英語を使ってコミュニケーションを取っています。そんな中、毎週木曜の夜は生徒が計画したDebateの時間が設けられています。HELPの学生はもちろん、コンコーディアの学生(今回はフィリピン人、日本人)も参加しています。このDebate計画を立てた韓国人学生に許可をもらい、私もちゃっかり参加させてもらいました。……生徒だった時なら参加していなかったかも……自信なかったので(笑) でも、今回は私が参加すると知って一緒に参加してくれた日本人もいました!

本日のお題は、「外国語を勉強するのに留学は必要か」というものでした。初めましての人同士が多かったため、最初にそれぞれの自己紹介をします。そしてお題に賛成か反対かは仲良く、くじ引きでチーム分けをします。お互いのチームからそれぞれ2分間ずつ意見を主張した後、相手チームに対して質問を投げかけるQ&Aタイムが2分間ずつありました。今回のトピックでは主に、お金、時間、学習環境についての議論が交わされました。

この企画を提案した韓国人学生は、とにかくスピーキング力を伸ばしたいという目的で留学を決めたそうです。校内でも積極的に英語を使ってコミュニケーションを図っています。もちろん韓国人同士でも。彼は来週HELPマーティンス校に転校する予定のため、この企画を既存の学生さんが引き継いでいって欲しいなと思っています。来週の木曜はもっとメンバーが増えると予想しています。主催者のCoolは次のトピックに頭を悩ませていました。

英語で討論し合うというのはビギナーの人にとっては難しいと感じるかもしれません。でも、継続は力なり!大切なのは日々の積み重ねです。HELPロンロン校では、学生が無料で参加できるオプションクラスを含め、いろんなアクティビティーを行っていますよ!