HELPマーティンス校 – 留学ブログ vol.5

こんにちは、HELPマーティンス校のERIです。

マーティンス校では、朝にMRC(=モーニングリーディングクラス)というグループ授業があります。このクラスでは、毎日英文スクリプトが配布され、音声を聞きブランク部分のディクテーションを行います。そして授業内に教師と答え合わせ、難易度の高いボキャブラリーの解説、発音やblending, liaisonの確認、そして最後にシャドーイングの練習を行います。

実際のスクリプトです。コース毎にスクリプトの内容は異なりますが、レベルは同じくらいです。音声は約30秒になり、学校の共用パソコンからダウンロード可能です。

時間帯は7:00〜7:20と7:25〜7:45の2通りあり、どちらのクラスになるかはこちらで指定します。クラスのスケジュールについては一階の掲示板に張り出され、1プログラム毎に時間帯や教師が変更されるので生徒さん自身でご確認いただく必要があります。この授業への参加は必須であり、欠席もしくは5分以上の遅刻の場合、ペナルティーとして-10ポイント(※当校はポイントシステムを採用しています。)と100ペソの罰金になります。。

授業を受けてそれで終わりではなく、その日中にシャドーリングテストを受けていただく必要があります。ですので、当校にお越しいただくと、廊下やダイニングホールや至る所でシャドーリングを練習をしている生徒さんが目に入ります。笑 
テストチェッカーの講師が所定の場所におり、そこに行くとテストを受けることができます。テストは8時〜15時50分の間に受けていただく必要があるので、生徒さんは授業の空きコマを見つけて受けられています。テスト後には講師から個人毎にアドバイスをもらいます。
これについてもペナルティーがあり、テストへの不参加-5ポイントおよび1回ずつ50ペソの罰金、不合格-3ポイントとなります。。朝弱い生徒さんには少し酷ですが、この授業はリスニングスキルの向上はもちろん、発音を矯正することでスピーキングスキルの向上にも繋がります。また、MRCは個人的には8時からのマンツーマンの授業を受ける前のウォームアップエクササイズのような役割があるように感じており、MRCの後には皆さん頭と目がスッキリされているように思います。笑 英語力を向上させるには音読は非常に効果的だと思いますので、ご入学された際はぜひMRCを活用してくださいね。