英語のシャワーを浴びるという勉強法

英語学習の効果的な方法として「英語のシャワーを浴びる」といったワードを耳にしたことがある方は多いと思います。今回の記事ではこれについて、私自身の考え方を書きたいと思います。フィリピン留学を検討している皆さんの英語学習のヒントになれば幸いです。

「英語のシャワーを浴びる」とは?

英語のシャワーを浴びるとは、多量の英語を聞き流すことを意味します。朝から晩までとにかく英語を聞き続けることによって、音に慣れ、自然に英語が聞き取れることを目的としています。複数記事を確認しましたが、内容は問わないスタイルが主流のようです。(例えば、好きな洋楽や英語ニュース、参考書などの付録CDでもOK)

日本人が英語をできない理由の一つとして、圧倒的な「学習量」があります。よって、英語シャワーのように「量」から英語の上達にアプローチすることは重要です。但し、注意しなければいけない点も多くあります。特に大切なのは、「聞き流す内容」です。

多聴に適切な内容とは?

小さな子供であれば話は異なりますが、母国語が定着した後の人の場合、英語を母国語と同様に学ぶことは非効率です。全くの無駄ではありませんが、戦略的に学んだ方が目的に早く到達できます。例えば、出題範囲の定まっている試験が目的であれば、その内容に特化した教材を使って学習した方が効果的です。日常会話を目的としているのであれば、日常会話に特化した内容を選ぶべきです。もちろん内容だけでなく、そのレベルも考える必要があります。全く聞き取れない又はほとんど聞き取れない内容は避け、最低限少しでも理解ができる内容を選んだ方が定着よく、継続もし易いです。

「ただ聞くだけ」では勿体無い!

どんな内容であれ「ただ聞くだけ」ではその効果は非常に薄いです。「単語を識別する」「文構造を捉える」「話の脈を掴む」等、多聴をする際は、聞き取る内容に合わせて随時意識をするポイントを持つ必要があります。リスニングの最終目標は、話の内容を理解することにあります。限られた時間の中で最大限の効果を得ていただくためにも、常に目先の目標を持って学習に取り組んで欲しいと思います。

おわりに

どのような成長を求めるかによって、そのアプローチは異なってきます。遠回りをしないためにも、まずは身に付けたいものを明確にするところだと思います。英語シャワーも一つの方法ですが、万能な方法ではないのでご注意ください。