HELPクラーク校 – 留学ブログ vol.5

明けましておめでとうございます!HELPクラーク校、現地スタッフのYukaです。

年越しは皆さんどう過ごされていたでしょうか?ちなみに私は毎年、一日中テレビを見て過ごします(笑)今年はそれができないため、特に何もなく過ぎました、、、、

フィリピンの年越しはというと、、、とても賑やかです。なんでも、騒いで音を立てることで悪いものを追い払い、いい運を取り込むという意図があるそうです。子供から大人まで、トルトットというブブゼラによく似たラッパのようなものをふいたり、爆竹を鳴らしたりととても盛り上がってました。爆竹もそうですが、各家で花火を打ち上げるのも恒例らしいです。

前置きはさておき、今回はヘルプ英語学校のキャンパスがある「バギオ地域」と「クラーク地域」の特色の違いについて書きたいと思います。

まず、気候の違いです。バギオはフィリピンの軽井沢と呼ばれているように一年を通してとても涼しいです。フィリピン政府も夏は首都マニラの暑さから逃れてくるくらいなので、とても過ごしやすいです。高地のため、夜は寒く感じることもあります。風邪をひかないよう注意ですね。一方、クラークは典型的なフィリピンの気候です。1年を通して暖かく、雨季と乾季があります。12月くらいから2月までは比較的涼しく、夜は半袖だと薄手の上着が欲しくなるくらいの気温です。

クラークは比較的都会でバギオは田舎の方と言えると思います。HELPクラーク校はクラーク地域でも経済特区内にあります。経済特区内は常に整った場所のため、富裕層や外国人が多く住んでいます。バギオはというと、田舎といっても中心部に行けば基本的に何でもそろいます。学園都市ともいわれ、街は学生で賑わっています。海外からの留学生も多いです。中心街を外れると自然も多く、山を登っていくと手つかずの自然が残っています。

フィリピン留学を考えるにあたり一番に考えるポイントは「安全面」だと思います。基本的にバギオもクラークも非常に安全な地域です。とりわけ、クラーク経済特区内の治安には定評があります。警備の目も多くあり、夜でも外を出歩くことが可能です。町自体もきれいなので安心して過ごせます。

勉強に集中する環境としては、クラークもバギオもとてもいいと思います。休日は周辺のアクティビティスポットに出かけることもできます。(クラークの場合、隣町のアンヘレスへ出かけたり、少し遠出してマニラやスービックなどに行くことができます。バギオの場合、ボタニカルガーデンやマインズビューなどの観光施設があります)

留学の際、都市や学校を選ぶのはとても迷いますよね。今回の記事が留学を検討されいている方にとって少しでも役に立てればと思います^^