HELPロンロン校最新記事

HELPロンロン校 – 留学ブログ vol.4

こんにちは!HELPロンロン校のMillyです。

来たるクリスマスはフィリピンの中で、大きな行事の1つとなっています。9月くらいからバギオのいたるところでクリスマスソングやデコレーションを見ることができます。ロンロン校の先生方もみな、クリスマスが近づくにつれカウントダウンを始めます。

ロンロン校では、学校全体でクリスマスパーティーというイベントはありませんでしたが、ペナルティーパーティーがタイミングよく、クリスマス前に行われました。ヘルプは全キャンパスでEOP(English Only Policy)制度を設けています。ロンロン校ではエントランスを構えたメインとなる6階では平日24時間、このEOP制度があります。

母国語を話してしまった学生については一回につき250ペソの罰金が発生します。(他の階は8時~17時まで。罰金は100ペソです)ペナルティーが一定金額溜まると、ペナルティーパーティーを開き、学生みんなでピザを食べます。(罰金制度はEOPだけではなく、他にもさまざまなルールがあります。)

市街地から少し離れたロンロン校に、50枚以上のピザがタクシーで届きました。金曜20時過ぎ、ロンロン校に到着したタクシーは、後部座席も後ろのトランクもピザが詰まっていました(笑) マンモス校と呼ばれるロンロン校は、長期留学生でも全員の学生と話す機会をもつことは難しいです。このペナルティーパーティーは、ESLコースとテストコース全ての学生が、食堂に集まる貴重な時間です。他国の学生と積極的にコミュニケーションを図り、どんどん英語を使っていきましょう。

お酒はありませんが、食堂の盛り上がり具合はどこかのバーにでもいる感じです。バッチメイトやルームメイトから、友達の輪を広げていくのが難しいという声をたまに聞きます。人が集まるイベントを上手く活用して、外国人の友達を作っちゃいましょう!

ロンロン校には韓国、中国、ベトナム、日本の学生マネージャーが常駐しています。学生マネージャー同士も和気あいあいと楽しくしています。何かあれば気軽にオフィスに来てくださいね!