HELPマーティンス校 – 留学ブログ vol.2

こんにちは、HELPマーティンス校スタッフのEriです。近頃はバギオもかなり冷え込んできました。もこもこパーカーとヒートテックを重宝しています。。もこもこの靴下も持ってこればよかったと後悔しているところです。

さて、今回のブログでは私のIELTS speaking part1の授業について紹介させていただきます。

IELTS part1は受験者にとって身近な話題(仕事、友達、勉強等)について質問され、questionは大きく分けて5つのタイプに分類されます。例えば、Yes/No question, Liking Question 等。T.Jackieはquestion type毎に、サンプルテンプレートを与えどのように答えれば良いか教えてくれます。私はIELTSについて何も知らないまま授業を受けたのでテンプレートはとても助かりました。

そして、先生はいつも私に”Out of topic!! Hit a target clearly!”と言います。。何かといいますと、私は質問からずれた回答をしたり、回りくどい遠回しな答え方をしがちなのです。。脱線するとすぐに止められトピックに引き戻され、論理的な答えを要求してきます。

IELTSでは1.流暢さと一貫性(Fluency and Coherence)2.語彙力(Lexical Resource)3.文法力(Grammatical Range and Accuracy)4.発音(Pronunciation)が重要視されますが、つまり私の場合1が特にダメなのですね。。先生方ももちろんIELTSの重要ポイントを理解しているのでこの4点を特に重要視して教えてくれます。私は元々speakingが壊滅的でしたが、IELTSの勉強を始めてから日本語を経由せずに反射的に英語が出てくるようになったような気がします。

そして、授業の最中は私の言えなかった単語、文法エラー、アドバイス等メモを書いてくれて、これは復習の際重宝しています。今回の授業のトピックは「雨」でしたが、学んだ単語はirrigation ,landslide/soil erosion, flood, transition period .etcです。私は単語帳を利用して単語を覚えることが苦手なので、授業でたくさん語彙を教わり、それを吸収するように心がけています。


HELPマーティンス校はIELTSを熟知したベテラン講師が多数在籍し、学習意欲のある学生さんをサポートします!もちろん、私も微力ながらもベストを尽くして、みなさんが快適に留学生活を送れるようにお力添えいたします。ご興味のある方はぜひ遊びに来て下さい^^