HELPロンロン校最新記事

HELPロンロン校 – 留学ブログ vol.2

こんにちは!ヘルプロンロン校、現地スタッフのMillyです。

スタッフブログ第一弾として私からは、普段受けているマンツーマン授業について紹介したいと思います。マンツーマン授業の1コマを担当してくれているT. Anthonyはロンロン校での講師歴はもうすぐ7年になります。2年前、私がロンロン校の生徒だった時も、私の担当の先生でした。ロンロン校にくる前にも別の語学学校で講師歴があります。学生がよく躓くポイントを熟知しているため、わざと混乱しやすい問題を提示しては、私が頭を抱えて悩んでいる姿を笑ってみています・・・。

今日も授業開始のベルが鳴り、大声で「Millyさ~ん」と発しながら教室に入ってきては、「Are you gay?」と私に聞きました。頭の中で瞬時に「Are you a gay?」と解釈した私は、違うよと答えました。ニヤニヤしながら“Are you gay?”とホワイトボードに書いて黙るT. Anthony……はい、初歩的な文法問題でした。授業を受けている時間は私にとって至福のひと時なので、この問いは私にとってYesでした。く~またやられた……。

学生がなんとなく分かっている問題についても「なぜ?」を追求し、解説してくれます。万人が理解できる例を出しながら説明してくれるため、ティーチングスキルの高い講師の一人です。私だけではなく、授業を受けた学生みんなから高い評価を得ています。説明を聞いた後には、納得いく説明に感動するかもしれません!実際、T. Anthonyの授業を受けてから、英語が楽しい!と思えるようになった学生がたくさんいます。

現在ロンロンで勉強中の日本人学生Mocoさんもその一人です。彼女はCAを目指して勉強中。持ち前の忍耐力で、日々の宿題をこなしています。ロンロン校のESL生徒は、月に1度QEテストがあります。結果、Top10にランクインすると自分の1:1クラスの先生を1~3人(順位による)選ぶことができます。彼女はT. Anthonyを選ぶため、QEテストに備えて勉強に励んでいます。

ロンロン校は初中級が集まるキャンパスです。平日は外出禁止のため、全ての授業が終わるとほとんどの学生は自主的に勉強をしています。フィリピンと言えば、まだセブ留学の認知度が高いですが、バギオには勉強に集中できる環境が整っています。

T. Anthonyから留学を考えているあなたにメッセージをもらいました。

To all aspiring future HELP English learners.
We are excited to meet you and share not only our English skills but also our culture so what are you waiting for? The doors of English are wide open waiting for you! See you!