HELPロンロン校最新記事

HELPロンロン校 – 留学ブログ vol.1

こんにちは!HELPロンロン校、現地スタッフのMillyです。

初中級レベルを対象にしたロンロン校は、英語の基礎を学べるESLコースを選択する学生が多いです。中でも一番人気あるのがESL-5(マンツーマン授業5コマ、グループ授業1コマ、早朝グループ音読授業、オプションクラス)となっています。ESL-8で入学される学生は多くありません。こちらのコースで勉強される学生はみな、休む間もなく朝から晩まで授業があり体力的に辛いと言っています。現在留学されている学生の中で、この過酷なESL-8を取っている学生が2名います。

ESL-8を取っている学生の1人Fuseiさん。入学して2ヶ月目に入りました。正直な感想を聞いたところ「予習・復習がギリギリ追いつく状態でたまに疲れは溜まります。でも自分は強い目的があって勉強しているので、あまり辛さは感じないです。」と話してくれました。授業中はフレンドリーな先生と楽しく会話をしたり、自分が伸ばしたいスキルについて勉強できているようです。夕食後はいつも自習室で、勉学に励んでいる姿を見かけます。

彼はオーストラリアでワーキングホリデーをしていました。「海外にいるのに英語を使う機会が少なく、英語力はほとんど変わらなかった。」と言っていました。そこで、オーストラリアで知り合った友達と、語学留学を決めたそうです。

写真左に写っているのは、そのオーストラリアで出逢ったRyuさん。同じくHELPロンロン校の生徒です。この2人が今ロンロンでESL-8を取って頑張っています。ワーホリ先では、既にHELPで勉強した日本人が数名いたようで、彼らから話を聞き評判が良かったのでHELPに入学を決めたと言っていました。Ryuさんも「体力的にキツイ時もありますけど、他の国籍の人も先生もみんないい人ばかりなので、満足しています。」と話してくれました。

最後に、Fuseiさんから留学を考えている方に一言メッセージをお願いしたところ、「面白い先生がたくさんいて楽しめます!」と話してくれました。

現在ロンロン校では、約20名の日本人が日々勉学に励んでいます。全体の14%ほどにあたります。キャビンクルーに必要な英語力を身につけるため、海外の大学進学に必要なIELTSスコア取得のため……目的はさまざまですが、あえてスパルタ式のロンロン校を選んでいるからこそ、志の高い学生がたくさんいます。語学は一朝一夕では身に付かないからこそ、伸び悩みに落ち込むこともあるかもしれません。ロンロン校ではみんな仲良く和気あいあいとしており、お互いに助けあい、高めあいながら留学しています。ぜひあなたもロンロン校で英語力アップさせましょう。現地でお待ちしています!