留学は時間とお金の無駄?

たまに見かける「留学は時間とお金の無駄」という文句。
ある意味、的を得ていると思います。

リーズナブルなフィリピン留学といえど、自己投資に大きなお金がかかるのは事実です。英語を身につけたからといえ、確実にキャリアアップできる訳でもありません。キャリアアップに限って言えば、留学に費やすのと同じ時間、日本で経験をした方が効率的でしょう。

それでは何故、時間もお金をかけて語学留学するのでしょうか。

答えは人それぞれですが、その一つに「人と違うことをしたい」という人間の本質的な欲求があると思います。異文化や生活環境を大きく変えることで、日本では得難い価値観や経験値を積むことができるのが留学です。それ以上でもなくそれ以下でもないと思います。

留学をすれば、必然的に「日本でのキャリアにブランク」が空きます。大学を休学をしたり、休職もしくは退職をしたりと、本腰を入れた留学をするためには日本社会での歩みを止める必要があります。価値観はそれぞれですが、そのネガティヴな要素に見合う目標を留学に見出せないようであれば海外へは出ない方が賢明だと思います。

どんなに頑張っても、1~3ヶ月の短期留学で得られることには限りがあります。語学習得を始め、技術習得、文化体験などの多様な留学動機があります。人生の貴重な時間とお金を無駄にしない為にも、留学で「何を得たいか、次のステップにどう生かすか」を強く意識して留学を検討して欲しいと思います。